投資としての太陽光発電|このままで終わらせない|不動産投資信託が将来を照らす
レディ

このままで終わらせない|不動産投資信託が将来を照らす

投資としての太陽光発電

ソーラー発電

不動産投資よりも低リスク

投資の対象にはさまざまな種類がありますが、株やFXに限らずあらゆる投資には多かれ少なかれある程度のリスクが避けられません。土地や建物などを対象とした不動産型の投資もその例外ではなく、土地価格の下落や空室などのリスクがつきものです。そんな中でも低リスクでありながら高利回りが期待できる土地付き太陽光発電が、新たな投資対象として多くの人の注目を集めています。太陽光パネルは一般住宅の屋根などにも設置するケースが増えてきましたが、その発電量は決して大きくありません。投資の対象となるほどの発電量を確保するには、一定規模以上の太陽光発電システムが必要です。10kWを超える太陽光発電システムで作られた電気は、20年間買い取ることが電力会社に対して義務づけられました。この固定価格買取制度によって土地付き太陽光発電市場が活況を呈しており、長期間にわたって安定した収益が見込める投資として人気が高まっているのです。土地付き太陽光発電にはアパートやマンションへの投資と違って、空室リスクや入居者トラブルといった心配が要りません。固定資産税も不要で、むしろグリーン投資減税の恩恵を受けられるため節税対策になります。

遠隔監視システムも重要

投資対象としてはリスクが低く、メリットの多い土地付き太陽光発電ですが、注意点もないわけではありません。太陽光発電システムは定期的なメンテナンスも欠かせませんが、設置される土地は遠隔地に設定される例が多いものです。販売店を経由して契約する際には、こうしたメンテナンス費用も購入代金の中に含まれています。販売価格に対するメンテナンス費の割合は高くありませんが、ここでしっかりとしたメンテナンスを実施してくれる販売店を選ぶことが重要になってきます。遠隔地にある太陽光発電システムの定期メンテナンスは簡単でないため、年1回程度の点検で済ませている業者も少なくありません。その点で遠隔監視システムを採用している販売店は、太陽光発電システムにトラブルが発生した場合でもすぐに対応できます。安定した売電収入を得るためにも、遠隔監視システムによる確実なメンテナンスを取り入れた販売店と契約した人が有利となってくるのです。信頼できる販売店が見つかれば、低リスクで高利回りの投資で長く安定した収益が確保できます。地球に優しいクリーンエネルギーを生む土地付き太陽光発電だからこそ、投資対象として特に優遇されているのです。