賃貸や売却で利益を出す|このままで終わらせない|不動産投資信託が将来を照らす
レディ

このままで終わらせない|不動産投資信託が将来を照らす

賃貸や売却で利益を出す

集合住宅

利用できる物件の種類

投資用マンションを購入することで利益を得る方法としては、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類の方法による点が特徴となります。インカムゲインとは投資用マンションを賃貸物件として活用することで、家賃収入を得る方法のことです。近年の日本では不動産を売却する方法よりも、賃貸物件として利用して収入を得ることが主流となってきています。キャピタルゲインとは、購入した投資用マンションを価格が高くなったときに売却して利益を上げる方法です。投資用マンションとして選択できるものは、区分マンションや一棟マンションがあり、一棟まるごと購入するには多額の費用がかかります。区分マンションはワンルームタイプとファミリータイプを選ぶことが可能で、流動性の面で考えるとワンルームマンションのほうが需要が高くなります。

入居条件を緩和する

投資用マンションを活用して利益を得るためには、様々な工夫が必要になってきます。賃貸用として活用するときには、立地条件や物件のグレード、周辺環境の条件などによって需要が異なってくることが考えられます。入所者に条件を設定することによって、入居者の質を高めることも可能で、魅力の低い投資用マンションを購入して利益を得るためには、入居の条件を緩和することも検討していく必要があります。近年の傾向としては、入居条件を緩くすることによって、他のマンションとの差別を図っていくことが主流となっています。ペットを可能にしたときには、敷金を多めに設定しておいてリスクを減らす対策を行うことや、楽器の使用ができるように許可するのであれば、防音設備を整えておくことが重要となります。